大学時代に経験したドイツでの生活で初めて異文化とじっくり触れ合い、日本で当たり前と思われていることが、いい意味でも悪い意味でも当たり前ではないことを経験しました。また、交流を通して自分の世界観が広がっていく楽しみを覚えると同時に、社会の仕組みや日常生活を客観的に捉え「もっとこうなればいいのにな・・・」といった理想像や夢がさらにふくらんでくるようになりました。
交流の実践、心をすっきり豊かなところにアサインする感覚を身につける。自他含めこうした選択肢を持てる機会をより多く生み出すことが、より活き活きとした社会を広げることにつながることになると思い、日独交流の輪を広げる活動家チーム&プラットフォームとしてのDZGOを設立しました。

原点は「旅の魅力」

違いを感じ、理解や思いやりが生まれていく。私たちを成長させてくれるのは数々の「出会い」です。私たちDZGOの取り組みでは、そのエッセンスが凝縮されている「旅」のように、異文化共存、自国・自己再認識、共存共生のスピリットを大切にしていこうと決意しました。

「旅」は今まで知らなかった世界を見せてくれ、気づかなかった「自分」を再発見させてくれます。私達はそんな旅の力に魅せられ、そのワクワク感をみんなと共有したいと考えました。もっと多くの人がドイツへ、日本へ!私たちは地に足をつけて、楽しい出会いを広げ、豊かな日常の魅力を社会に発信するため、各種事業に取り組もうと考えました。(いわゆる「パッケージツアー」は私たちが考える「旅」ではありません。観光地で写真を撮りお土産を買うだけでは、あまり「出会い」の機会に恵まれることはありません。)

また、活動の中で私たちが注意していることがあります。それは「ドイツかぶれ」にならないこと。
何かにかぶれると、ともすれば自分や自らの文化を否定してしまいます。「やっぱりドイツやな、日本なんて…」というのは違います。
他を知ることで自分を知る。そして、自分を理解することで相手も理解し、より深い交流が可能になる。日本文化の中核である「和」のコンセプトを大切にしたいと思います。

楽しいこと・伝えたいことは
仕事にしないと広がらない

自分が楽しいのは「趣味」。人・社会に喜んでもらえて楽しいのは「仕事」。すべてを仕事としての「日独交流」にかける事で、楽しいこと・伝えたいことを真剣に広めていきたいと考えています。「楽しそうだね」と言われますが、その通りです。それが私たちの本気です。

なぜ日・独なのか?

ドイツは、ワインやパンをはじめとしたグルメや緑あふれる町並み、伝統と新進気鋭な文化の融合など、旅の楽しみが詰まった私たちのお気に入りの国です。また日本はもちろん、豊かな自然と共生してきた文化をかかえる、誇れる祖国です。私たちはそんなドイツ、日本の魅力をPRするとともに交流の中で人々の出会いの魅力を伝えるために、ドイツ、日本、日独交流に関心を持つ人・団体と共に、日独交流の魅力を発信する新しいプロジェクトをスタートさせようと考えました。

そんなドイツの魅力の一つが例えば「ものづくり」。 例えば、ペン1つを作るにしても消費者のニーズだけでなく、そもそもペンとは何か?今ペンはどうあるべきか?というところまでいろいろ考えるわけです。ある種の哲学的な思考とも言えますね。 「デザインも機能もシンプルだけど実用的」なモノを生み出すと同時に、過剰な機能や安さばかりを追求した生活用品、使い捨て文化の濃い日本にメッセージを投げかけてくれると思います。

数多くの国の中でも「ドイツ」に注目する理由は、洋の東西は違えども両国は世界を牽引する先進国であり、また良きライバルでもあるという関係から、双方が刺激を与え合い・学びあうことで、アウフヘーベン的に高次の社会を構築できるという可能性を信じているからです。

アウフヘーベン: 対立や矛盾を包括しながら2つのものを超越して高次元へ昇華するもの

日常への露出を広げたい

日本にあるイタリアンバルやフランスレストラン、ドイツにあるケバブ屋さんなどは日常に深く浸透していますが、その半面「ドイツ」や「日本」の認識は双国の生活シーンではあまり認識されることはありません。正直、悔しい!お互いの魅力をもっともっと多くの人に知ってもらいたい、これらもまた私たちの、シンプルな設立動機の一つです。

PAGE TOP