DZGO JAPAN & GERMANY CONNECTION

ディーズゴー株式会社日本とドイツのいいおつきあい

ドイツへ行くnach Deutschland gehen

鉄道の利用方法

町から町への移動、その主役は鉄道です。ほとんどの町へ通じていて便利です。

パターンダイヤが採用されており、特急や普通電車が1時間サイクルで運行される場合が多く、その乗り換えもスムーズです。

乗車券

ドイツの駅に「改札」はありません。

駅に改札がないため、「有効な切符」を常に所持して列車に乗らなければいけません。列車内では時折、抜き打ちの検札があります。自動車を運転するときの「運転免許証」と同じ感覚ですね。

乗車前に改札機でパンチを入れる必要がある場合があります。乗車券は下車後、個人で処分します。

ジャーマンレイルパス ドイツの鉄道「乗り放題」チケットです。定額なので、1日かけて長距離を移動する時には重宝します。特急も乗車可能、ライン下りの船やヨーロッパバスも割引料金で利用できます。

レイルパス(鉄道パス)

普通乗車券 駅の自動券売機か有人窓口で購入します。英語や日本語の表示がある機械もあります。支払いはクレジットカードも有効です。
ウィークエンドチケット 週末、特急を除く列車と市内交通が乗り放題のお得なチケット。1枚で最大5人まで有効なのが魅力です。地方から都市へ行く人や遠距離恋愛のカップルも利用していて、使い方によっては大変便利です。
自動券売機を活用しよう

自動券売機は切符の購入だけでなく、旅程の検索にも役立ちます。行き先を入力すれば発車時間、号名、ホーム番号、さらに何番ホームで乗り換えるか、なども表示され、印刷もできます。

列車の種類

ICE
  • Inter City Express
ドイツ版の新幹線、「イーツェーエー」と発音します。通常時速200km以上で走り、地方都市へ乗り入れる場合も。車体は白いボディに赤ライン。レイルパスが利用できますが新路線は別途料金が必要。
EC /IC
  • Euro City/Inter City
都市間特急。ECは欧州各都市、ICは国内各都市を結びます。ECとICは基本的に停車駅が同じで基本的に1時間に1本運行されています。特急同士の乗り換えがスムーズになるようダイヤが設定されています。
IR
  • Inter Regio
日本の「急行」でしょうか。EC/ICよりも停車駅が多いです。小さな町の中心駅にも止まります。
RE
  • Regional Express
地域間急行。日本の「区間急行」的存在。町の中心部はほぼ停車せず、郊外ではほぼ各駅に停車します。
S
  • S-Bahn
「エスバーン」と発音します。都市とその郊外を走り、基本的に各駅停車です。
U
  • U-Bahn
「ウーバーン」と発音します。地下を走る電車の総称です。ちなみにS-bahnや路面電車が地下に入るとU-bahnと呼ぶ場合があります。

エスカレータは左を譲ります

ドイツは車も人も右側通行。 後ろから「シュルディグン」('schuldigung「ちょっと失礼」)と言う人がいたら、さっと右にどいてあげましょう。 返事せず、ただどいてあげれば大丈夫♪

有料トイレ

有料ではないところでは、掃除の方にチップを渡してくださいね。

列車

ドアは手動です

ドイツを含めヨーロッパの電車の扉は手動で開けるスタイルが主流です。駅に到着後、列車を降りるとき、ドアの前で立っていても自動でドアは開きません。古い車両では、ドアにある取っ手を「ガチャン」と横に引くと、その動きに反応してあとは自動で開きます。新しい車両ではドア横で点滅する緑の「AUF」ボタンを押してドアを開けます。

ドキドキ検札チェック

改札の無いドイツでは無賃乗車を摘発するために抜き打ちの「検札」があります。検札員が2人1組となり車両前後から挟み撃ちでチェック。「Fahrkarte, bitte(乗車券を拝見します)」で、乗客が財布等から切符を出し始めます。無賃乗車の場合、身分証明書(日本人はパスポート)の提示と、罰金の支払いを求められます。また、罰金だけではなく警察の公式違反者名簿にて永久保存され、違反が3回重なると「軽度要注意人物」となり就職の妨げやビザ更新に支障が出る可能性が。また「きちんと買うのが当然」なドイツ人は無賃乗車をする人を冷たい目で見ます。罰金額は約60ユーロです。

Top戻る