ラインラント=プファルツ州

南北にライン・東西にモーゼルが流れる水路網の発達した州。ライン下りのハイライトは、この州に点在する古城の数々。また、ワインの生産地もこの州に多い。
州都マインツはかつての宗教上の中心地。州南部のヴォルムスでは宗教改革の重要な会議が行われた(ヴォルムス協議においてマルティン・ルターは99か条のテーゼの撤回を拒否)。

Mainz – マインツ

私達が今目にする印刷物。その印刷技術のパイオニアがグーテンベルグによる活字印刷。彼の生まれた街が、ラインランド・プファルツ州の州都、マインツである。



  • キルシュガルテンの街並み
  • 大聖堂
  • 世紀の大発明

Trier – トリーア

モーゼルの上流、そしてドイツの西の端。トリーアは古代ローマ時代からの古都。街のあちらこちらにローマ時代の遺跡が残る。



  • ポルタ・ニグラ
  • カイザーテルメン
  • 円形劇場
  • トリアー大聖堂
  • 宮殿公園

Koblenz – コブレンツ

ライン川とモーゼル川の合流点、コブレンツ。二つの流れの狭間に町の中心がある。

ドイチェスエックでは、合流する両川の色が融合するのが見える。対岸のエーレンブレイトシュタイン城塞に登ると、町を一望することができる。



  • コブレンツ