ニーダーザクセン州

ドイツで最長のサイクリングロード網が整備されているニーダーザクセンの面積はドイツで2番目に大きい。 北部は「デルタの湿地帯」などの低地が多く、南部はハルツ地方などバラエティに富んだ自然環境を楽しめる。 ヨーロッパ最大の旅行会社TUIやフォルクスワーゲンの本社もある当州は、地の利から風力発電など代替エネルギーの開発・運用も盛んだ。

Hannover – ハノーファー

ニーダーザクセン州の州都。 王宮、庭園、公園と、緑が多い、落ち着いたそして美しい街。 中心街にひかれている赤い線をたどっていくと、だいたい街を一周できる。 この街辺りから、だんだん北ドイツらしくなってくる。


  • 中央駅
  • 市庁舎
  • ヘレンハウゼン王宮庭園
  • オペラハウス
  • 熱帯雨林園

Hameln – ハーメルン

今から800年ほど前、この町の子供約130人が忽然と姿を消した…「笛吹き(ネズミ捕り)男」の伝説になっているがこの事実はいまだ解明されていない。 メルヘン街道の中ほどにある中世から続く神秘溢れる町だ。


  • デンプターハウス
  • ヴェーザー川
  • ネズミ捕り男の家(左)と
    マルクト教会と結婚式の家

Goslar – ゴスラー

隠れ家ならぬ隠れ世界遺産都市

木組みの家々が立ち並ぶ小さな町、観光客の少ない街でブラブラと旧市街を散策してみませんか??


  • ゴスラーの街並み
  • 赤ひげ王
  • ランメルスベルク鉱山