1. HOME
  2. News
  3. 生活文化から見たドイツと日本 ~鍵、ドアと窓を中心に~ (DZGO Fokus Seminar)

生活文化から見たドイツと日本 ~鍵、ドアと窓を中心に~ (DZGO Fokus Seminar)

53489211_2609884885695086_951773312663420928_o

「鍵」「ドア」「窓」。昔も今も、ドイツでも日本でも、日常よく目にするそれらに込められた意味を、日独比較から探ります。
その土地に住まう人々がそれらの造形に込めた感情と思想の来歴、文化構造の相違と影響関係などをご紹介します。

窓はドイツでは内側へ、日本では外側へ開ける。のこぎりの歯は日独で逆?など、興味深い内容が満載。お気軽にご参加いただけます♪

190126_1
(写真は前回の様子です。)

講師:浜本 隆志 氏 関西大学名誉教授

日時: 2019 年 4月 13 日( 土)16:00 ~
定員 :  15 名
会費 :  1200 円(学割・学生証呈示 700 円)

お問合せ・お申込み:
[参加お申し込み]以下項目を、DZGO までお伝えください。
お名前 ご連絡先 ( 電話番号 ) ご連絡先 (E-mail) 同伴者数_名

DZGO
大阪市西区阿波座 1-14-4 サインカンパニービル 2 階
Tel. 06-6648-8644
E-mail info@dzgo.jp


講師プロフィール 

専門はドイツ文化論、比較文化論。ドイツ文化に関する著書多数。香川県生まれ。関西大学文学部(二部入学、一部 3 年編入)卒業。1972 年大学院文学研究科修士課程修了。関西医科大学専任講師を経て、関西大学助教授、ワイマル古典文学研究所およびジーゲン大学に留学。博士(文学)。関西大学文学部教授、関西大学文学部長を歴任。