DZGO JAPAN & GERMANY CONNECTION

ディーズゴー株式会社日本とドイツのいいおつきあい

ドイツへ行くnach Deutschland gehen

移動する

(準備中)

鉄道

(準備中)

鉄道の利用方法

鉄道パス

バス

乗車時はドア横のボタンを押してドアを開けます。 降車時は、1つ前のバス停を出た時に手すりなどにある降車ボタンを押します。これは、日本の路線バスと同じスタイルですね。 降車ボタンを押すと「Wagen haelt」(停車します) と赤い字が出ます。 降りるときのドアは大抵は自動で開きますが、開かないときにはすかさずボタンをプッシュ。 すぐに発車してしまう可能性があります、すばやく降りましょう。

バス停のマーク

バス停のマークは「H」です。HはHaltestelle(停車所)の頭文字です。

タクシー

クリーム色のベンツ車が多いです。流し(道端で手を挙げて乗る)はなく、タクシー乗り場から乗るスタイルが主流です。 料金は日本よりも若干安い目で、空港・メッセ会場など主要地点間は固定料金の設定もあります。 乗車時は、住所を書いた地図を運転手さんに見せて「OK?」と尋ねましょう。返答はほぼ「OK」です。 ドアは手動です。後部座席ではなく、助手席に乗ることも出来ます。 降車時は「Hier(ヒア、英語のhereと同義)と言いましょう。「Danke(ダンケ、ありがとう)も付ければ完璧です。 料金は日本と同様メーターを確認しましょう。支払いはチップも追加して支払います(サービスが悪いと感じるときは不要)。 また、1~2ユーロぐらいで、料金を含めきりの良い数字にしましょう。やりとりが難しい場合は、まずはお釣りをもらい、その一部を「フュアズィー」(Fuer Sie、英語「for you」)と言って何ユーロかを支払うと良いです。 トランクに荷物を積んでもらった場合は1ユーロぐらい追加すると良いでしょう。

運転手さんとの会話

大都市では海外からの旅行客にも慣れているので、「Do you speak English?」と英語で聞くと、 大抵は喜んで(得意気に)返事してくれると思います。 ミュンヘンでは、私は何度と無く電車の中や街中で英語で話しかけられますよ。で、「ミュンヘンに住んでいる」と 言うとかえって英語が使えないために、がっかりする人もいるぐらいです。なので、そのまま旅行者の顔を続けることもあります…。 ドイツを褒めてあげたりするとやっぱり喜びますよ。だって、私も日本が褒められたら嬉しいですから! こうやって小さな世界平和が広がると良いですね!

長距離バス

(準備中)

Top戻る