DZGO JAPAN & GERMANY CONNECTION

ディーズゴー株式会社日本とドイツのいいおつきあい

  • facebook
  • youtube
  • Twitter
  • blognews
  • digokun

ドイツ旅行・滞在サポートDeutschland Reise & Aufenthalt

ドイツの年間行事・風物詩

1月1日 Neujahr(新年)
1月6日 Heilige Drei Könige(公現祭(東方の三博士の来訪記念日))
復活祭の46日前 Aschermittwoch(アッシャーミットヴォッホ、灰の水曜日)
復活祭の2日前 Karfreitag(聖金曜日)
復活祭の翌日 Ostermontag(--)
5月1日 Tag der Arbeit(労働の日(メーデー)) ▼詳しく
復活祭の39日後 Christi Himmelfahrt(主の昇天(キリスト昇天祭))
復活祭の50日後 Pfingstmontag(聖霊降臨後の月曜日)
復活祭60日後 Fronleichnam(聖体の祝日(聖体拝受の日))
8月15日 Mariä Himmelfahrt(聖母被昇天祭)
10月3日 Tag der Deutschen Einheit(ドイツ統一の日)
10月31日 Reformationstag(宗教改革記念日)
11月1日 Allerheiligen(諸聖人の日(万聖節))
11月23日直前の水曜日 Buß- und Bettag(贖罪の日(贖罪祈祷日))
12月25日・26日 Weihnachten(クリスマス(降誕祭))



Aschermittwoch(灰の水曜日) - 復活祭の46日前

教会では「人類は神が灰から創ったもの。死後灰に戻ることを忘れてはならない」という聖書の文言が読まれ、信者は額に灰の十字架をつくり神妙な気持ちで過ごします。 また、この日には「政治的灰の水曜日」が各地で開かれ、各政党が競い合うように支持を訴えます。イエスが十字架に架けられる前の40日間砂漠で苦悩な時を過ごした事を偲ぶ「四旬節」は、この日から始まります。

Erdbeere(いちご)の季節 - 5月中旬~6月末ごろ

アスパラの季節が終わると「いちご」です。小ぶりで甘くおいしい、ドイツのいちご。 町中には、いちごの形をした「いちごショップ」が現れます!紙パックか、取っ手付の木箱で購入したいちごを持って電車に乗る方もよく見かけます。 収穫は「Himbeere(きいちご)」「Stachelbeere(グーズベリー)」「Heidelbeere(こけもも)別名:Blaubeere」と7月末頃まで続きます。

メイデー - 5月1日

「5月祭」、「労働祭」とも呼ばれ、花の女神フローラを褒め称えるお祭りに始まったと言われています。 各地では前夜から「5月踊り入り」と称するお祭りも催され、当日はメーポール(6メートル以上ある木柱に装飾したもの)を人力で立てる儀式が行われ、ビールと共に春の訪れを祝います。 (このメーポール設置は、数年に一回行われます。)

Sonnwendfeier(夏至祭) - 6月24日

収穫・暖かい季節を待ち望んでキャンプファイアーを行い、新生、清 浄、肥沃を願い薪を果敢に飛び越す祭りで、キリスト教化以前に始まったとされています。 現在では社会的・宗教的背景を語らず、日本の夏祭りのように楽しく催されます。

入学式 - 9月

小学校の入学式に欠かせないのがSchültüte(シュールテューテ)という長さ約80センチのお祝い袋です。 新入生が入学前に幼稚園や自宅で飾り付けをしたこの袋に、両親や祖父母が密かにプレゼントを詰めておいて、入学式からの帰宅後、家で開けます。

Allerheiligen(諸聖人の日) - 11月1日

Allerは「全ての」heiligenは「聖人」の意味。カトリックではマリアや弟子たちが神の御言葉に近く生涯を全うした人として「聖人」と褒め称えられますが、この日は全聖人に感謝する日として創案されました。近年は聖人に限らず亡くなった全ての人を敬う日とする傾向があり、この日に向け至る所でお墓参り用の飾りが売られます。日本で言うと「お盆」でしょうか。バーデンヴュルテンベルク州、バイエルン州、ノルトラインヴェストファーレン州、ラインラントプファルツ州、ザールラント州が休日。静かに過ごすことが大切です。

Sankt Martinstag(聖マーティンの日) - 11月11日

Laternentag(ちょうちんの日)とも呼ばれ、この日に向けて子供たち(幼稚園児~小学生位まで)が手持ちちょうちんを用意します。当日夕方暗くなった頃に集まり、ちょうちんにロウソクを灯して近辺を行列で歩きます。赤マントを羽織って馬に乗ったマーティンが貧しい人に自分のマントを分けてあげた、という言い伝えを思い起こさせる演出もあります。行列の後はMartinsfeuer(マーティンのキャンプファイアー)を囲んで心優しいマーティンを思いMartinslieder(マーティンの歌)を歌います。

Top戻る