DZGO JAPAN & GERMANY CONNECTION

ディーズゴー株式会社日本とドイツのいいおつきあい

ドイツへ行くnach Deutschland gehen

ビール

全国各地特徴のある地ビールがある。また銘柄ごとに決まったグラスがあるのがドイツビールの特徴。ビールの国ならではのこだわりだ。ドイツを訪れたら迷わず各地の地ビールを飲んでみよう。地元の人との会話が弾むこと間違いなし。

年齢制限にご注意 16歳~飲酒可能:ビール、ワイン(ちなみにタバコも) 18歳~飲酒可能:ウイスキーなど蒸留酒

ドイツはビール王国と言われるぐらいビールの種類も豊富にあります。 一つの街に一銘柄のビールが必ずと言っていいほどありその種類は数千種類にも上るのだとか・・・ いくらビール好きでも一生かかっても全部飲みきれないかもしれませんね。 当然それだけビールの流通量が多いため価格も 驚くほど安い!!! その価格500ml缶でなんと1ャ ぐらいです。 つまり120円(レートによる)ぐらいでビールが買えます!水より安いです!スーパーに行けば各地の有名ビールや地元のビール、子供用のビールや低アルコールビール等がずらりと! もうどれを買おうか迷います。

ラドラー

ここで日本でも簡単に造れるドイツで飲んだ美味しくて飲み易いビールの作り方を紹介します。 用意する物 ・ビール(銘柄はご自由に) ・サイダー(上に同じ) 製造方法 上記2つを半々の量づつ注ぐ ドイツではラードラーって言う名称で売られてます。飲みやすくて美味しいので一度ご賞味あれ!

ビールのはじまり

西暦1040年、ミュンヘン郊外のフライジングにあるヴァイエンシュテファン修道院でつくられたのがビール醸造の始まりとされています。ちなみに今は修道院ではありませんが、ここは現存する世界最古のビール醸造所です。その後バイエルン王が1516年にビール純粋法を定め「ビール醸造にはホップ、水しか使用してはならない」と法令を出してから今日まで醸造方法は変っていません。

シュタルクビア Starkbier

シュタルク(強い)ビア(ビール)。 元はボックビア(Bockbier)と呼ばれ、アルコール度数は10%以上あり(通常は約5%)、13世紀ビールをイタリア等へ輸送する際の品質保持を計って考え出されたという説があります。 今では地ビール会社のほとんどが個性あふれるオリジナルの名前でシュタルクビアを製造しており、それらはスーパーでも買え、レストランでもオーダーできます。 ミュンヘンでは、ノッカーベルク(パウラーナービール社の経営レストラン)が大々的に シュタルクビアオープンの催しを開き、バイエルンの州知事(参加必須)を始め、主要政治家の面々がテレビ中継されます。

ビールは中性名詞

さて、灰の水曜日以降イースターまで、最近では宗教心からというより、ダイエットやヘルシー思考から断食する人もいます(油脂等を摂取せず、内臓の清浄化・機能強化するようです)が、そんな人たちへの朗報がこの強ビール。 ドイツ語の名詞には必ず性があり、ビール以外のアルコールは全て男性名詞なのに対し、ビールだけが水と同じ中性名詞です。なので「断食中も水は飲んで良いのだから、ビールもOKでしょ」と言う人も。

Top戻る