DZGO JAPAN & GERMANY CONNECTION

ディーズゴー株式会社日本とドイツのいいおつきあい

Hameln

2018年7月10日

ハーメルン は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州の大規模自立都市でハーメルン=ピルモント郡の郡庁所在地である。ヴェーザー川に面するこの都市は、1284年に生じた『ハーメルンの笛吹き男』の伝説で知られる。

ハーメルンが国際的知名度を得たのは、1284年の「ハーメルンの子供たちの消失」によってであり、この事件は後に『ハーメルンの笛吹き男』の伝説に発展した。この年号は中世後期に確定されたもので、現存する最も古い記録は1430年から1450年頃のもの(リューネブルク写本)である。
神話によると、1284年 に「Rattenfaenger」と言う人がいました。彼はお金をもらってすべてのねずみから町から追い出すことを約束しました。ねずみの問題で悩んでいたハーメルンの人々は彼の提案を喜んで受け入れました。人々は彼にお金を渡すことを約束しました。「Rattenfaenger」が笛をふくとねずみたちは彼のところに集まり、ヴェーザー川へ連れて行きねずみたちは川でおぼれ死んでしまいました。町の人々はねずみから解放されましたが、町の人々はお金をはらいませんでした。彼は大変怒って町を去って行きました。しばらくしてから 「Rattenfaenger」が町にふたたびやって来て、笛を吹き出し、今度は町の子供達を連れて山へ入っていき子供達が町に戻らなかった。このお話は二つの伝説をグリム兄弟がまとめ「ハーメルンの笛吹」として、よく知られています。

 | 

Top戻る