DZGO JAPAN & GERMANY CONNECTION

ディーズゴー株式会社日本とドイツのいいおつきあい

12月6日は「ニコラウス」!

2017年12月6日

みんなさん、

ニコラウスはご存知ですか?

12月6日はニコラウスの日です。ドイツ語で「Nikolaus」といいます。

「Nikolaus」は3世紀に実在した司教で、没後、聖人となりました。
そして12月6日はその聖人、Nikolausの記念日です。

ドイツでは、12月5日の夜に、子供は自分の靴をきれいにして、家のドアの前に置いておきます。
夜、寝ている間に「聖人Nikolaus」が来て靴にお菓子、みかんやナッツ、たまにちょっとしたプレゼントも入れてくれます。

この習慣の由来を紹介しましょう:

実在したNikolausはとても優しい人だったそうで、自分の財産を使って貧しい人にお金を配ったそうです。

ある日、貧乏なお父さんがいて、娘達を結婚させるのにお金がなくて大変困っていたそうです。
その話を聞いたNikolausが、夜に秘密で、その娘達の部屋へ金の石(?)を投げ込んだそうです。
その後、娘達は結婚できました。このNikolausの行動を父さんが目撃しており、とても感謝したそうです。

この「いい事」を記念するために、夜に子供にプレゼントを配る習慣ができたそうです。

なるほどー。
ドイツ人も意外と知らない話です。

Frohen Nikolaus-Tag!

 | 

Top戻る